個人再生とは?【自己破産とはどんな部分が異なるのか?】

個人再生とは?【自己破産とはどんな部分が異なるのか?】

個人再生とは?【自己破産とはどんな部分が異なるのか?】

個人再生とは自己破産と任意整理の中間のような制度であり、申し立ては自己破産のように裁判所に行いますが、すべての債務を免責にしてもらうわけではなく、債務を5分の1ほどに免責してもらい任意整理のように長期間で分割支払いにしてもらう制度になります。
たとえば裁判所に債務を大幅に免責してもらい、3年の期間で支払う計画案を提出し、裁判所から認可されれば債務は計画案に記載された額まで減額されます。減額された債務を3年の期間で計画案通りに支払えば債務はなくなります。特別な事情がある場合については最大5年までの長期間で分割弁済が認められます。
個人再生とは自己破産と違い車や住宅などの財産を手放さずに手続きが出来ます。この申し立てを行なえば今までの借金から債権者が差し押さえによって強制執行することは出来なくなります。個人再生の申し立てを行ってからは2~3か月分の家計収支表をつけて預金通帳に一定の金額を積み立てておく必要があります。この家計収支表と積み立てた通帳を裁判所に提出し、再生計画の可否の認可を受けます。
個人再生によって債務の免責が行われたら、計画案に沿った返済が継続できる収入が必要です。返済が可能と認められる収入が確認出来ないと個人再生の手続きは出来ません。個人再生とは自己破産と同じで、ブラックリストに載ることになり5年~10年の間は他からの借入れは出来なくなり、国の発行する機関誌である官報に住所と氏名が掲載されます。